がんの転移や再発をブロック!~最新治療で守る健康体~

早期治療の重要性

先生

年齢を重ねると体内の細胞も老化してしまうものです。正常でない細胞をがん細胞と言い、それが増殖してしまうと健康的な体を維持することが難しくなってしまいます。しかしがん細胞は高齢者だけに現れるものではありません。がんは幼い子どもにも発症のリスクがある恐ろしい病気です。発見が遅れたりすると全身に転移してしまうこともあるので、もしがんが発見されたのであればすぐに治療を開始する必要があります。がんは部位によって転移が早まることもあるので、専門の医療機関で適切な治療を受けることが大切になります。治療によって一度がん細胞が消えたとしても、数年後に再発したり、または他の臓器に転移していたというようなケースも珍しくありません。しかし最近ではがんの再発や転移を防ぐための治療も進歩してきているので、諦めずに治療を受けることが大切です。

がんは老若男女を問わずに発症する可能性がある病気です。大腸がんなど発見が難しい場合は最悪の場合治療できる段階を超えてしまうこともあります。がんは早期発見と早期治療によって改善、または症状の進行を遅らせることが出来るので、体に異変を感じる前にしっかりとした検査を受けることが大切です。細胞分裂が盛んな若い世代のがんは進行が早いので、若いうちから定期的な健康診断を受けておくと良いでしょう。転移や再発の恐れもあるがんを予防するには専門の医療機関での治療が必要です。一度がんを治療したからと言って安心するのではなく、健康な臓器を守っていけるような対策を行なうのも重要です。

予防や検査が大切

看護師

食道がんになる原因のひとつに逆流性食道炎があげられます。年末年始などには暴飲暴食が続くことが多いので注意が必要です。食道がんの検査には胃カメラによるものが有効です。胃カメラには鼻から入れるやり方もあります。口からのものと比べて楽に検査ができるといった特徴があります。

気付きにくいがん

病棟

大腸がんは日本人に多いがんです。しかし初期症状に気付きにくいので発見が送れるケースも珍しくはなく、定期的に医療機関での健康診断などを受けることで発見を早めることが出来ます。

治療方法の種類が多い疾患

看護師

がん治療の時期は鬱状態になりやすい時期です。傾聴をしながら周りは見守る姿勢を崩さないことが患者さんの為になるのです。初期のがん治療の時期には多くの情報から少し離れておく方が患者さんの混乱を起こさずに済みます。時期が来た時に自分から心の余裕が出て来るので興味のある情報をみるようになっていくものです。