がんの転移や再発をブロック!~最新治療で守る健康体~

治療方法の種類が多い疾患

看護師

その人の希望を優先

がん治療は体のどの部位に癌が出来たのかにより方法が変わってくるものです。脳の場合は手術やガンマナイフなど放射線治療などがあるのです。体の臓器や骨や血液の場合は移植や手術に化学療法など多く選択肢があるのです。その中から患者さんの希望を優先して痛みを感じない治療方針にするかなど決めることが出来ます。がん治療は苦しいというイメージがあるのです。そこで気を付けないといけない点があるのです。この時期の精神状態は鬱状態になりやすいのです。がん治療について考え方一つで落ち込みやすくなるのです。患者さんの気持ちが自力で落ち着き決心を固めるものです。それまでの期間は周りや家族が協力してがん治療について良い方に考え方が向くまで傾聴していくことが必要になるのです。

多くの情報からはなれる

患者さんのがん治療を行っている時期は多くの情報から少し距離をおくことがポイントです。それは経験談や治療方法などたくさんの情報が溢れています。患者さんは患者さんなりの考え方を持ちながらがん治療に専念しています。ここで様々な事例を知ると今のままで良いのかと不安になりやすいのです。大丈夫なのですが情報が患者さんの頭の中で膨らみ過ぎてしまい混乱してしまうからです。この本に良いことが書いてあるから本人の気持ちが軽くなれると思う周りの優しさは大切です、しかしがん治療をはじめたばかりの時期は甲藤や不安がある時期です。時期が経過すると妥協したりと気持ちの余裕が出てきます。その時に勧めたい情報を見せたりすることが大切になるのです。